キャバスーツはこちらから

着て自信・魅せて自身!キャバスーツ・キャバドレス

キャバドレス,通販,キャバスーツ,キャバドレス

職場によってはスーツやドレスを貸出してくれるかと思います。
大抵は体験入店した、まだドレスのない子たちが使いますが、
特にこだわりがなければ、借り続けるということも出来るかと思います。
ただ、借りるにしても買うにしてもぜひ、こだわって欲しいことがあります
それは、、、

 

  • そのスーツ、ドレスを着て、自分に自信がでるものを選ぶこと!
  • 自分のアピールポイントを存分に引き出す、自身を魅せるものを選ぶこと!

 

キャバドレス,通販,キャバスーツ,キャバドレス

この二点をおさえておけば、お仕事もだいぶスムーズになるかと思います。
お客様対自分と向き合ったときに、アピールポイントを視覚からわかりやすく伝える
話のネタにもなりやすいですし、自分に自信が持てる状態での会話は、自然と弾みます

 

 

たとえば、足の綺麗な子が足を隠すドレスを着ていたら、
なんだかもったいないなと感じませんか?

 

 

胸の形の綺麗な子が、胸を押しつぶすようなサイズの合わないもの・デザインを着ていたら、せっかくのアピールポイントがつぶれて、本当にもったいない!

 

キャバドレス,通販,キャバスーツ,キャバドレス

アピールする部分としては、胸元、女性らしいむ鎖骨、腰のくびれ、足、すべすべの脇。清潔感ある綺麗な指。

 

お酒の席ということもありますし、そのアピールポイントを触られたりいじられたりするというマイナス要素はありますが、
そこはある程度はご愛敬。

 

私には、視覚的アピールポイントはないから、別になんでもいい。。
そう思う方もいるかと思いますが、
視覚からくる情報というのは、おろそかにしてはいけないものです。

 

ましてや、キャバクラというお仕事は、
人と向き合うお仕事です。見た目から悪い印象にはしたくないですね。
自分で見つけられない場合は、仲の良い友達に、自分のどんなところがアピールできるか、聞く。

 

または、お客様と話している流れで、どんなドレスが好きか、どんなものが似合うと思うかリサーチする。
もしかしたら、今度君に似合うドレスを買ってあげるよ。
と、言ってもらえるかもしれません。

 

キャバドレス,通販,キャバスーツ,キャバドレス

キャバスーツは、凛とした、知的エロス

キャバドレスは、非日常の、特別感を漂わせる華やかさ

 

を、お客様が感じます。
どちらも着こなせると、いろいろなタイプのお客様を獲得できます。

 

スーツの時に獲得したお客様が、ドレス姿を見て
ギャップ萌えするという利点もありますし、
毎回同じタイプのものを着るよりは、
ローテーションしていくといいですね。

 

自分を魅せてくれるスーツやドレスには愛着がわきますし、
自分で購入したものを大切に使いたいものです。